歯を抜かない矯正治療 Non-Extraction Orthodontics

歯を抜かない矯正歯科治療

ゴムメタルワイヤーを使用した矯正治療

歯の矯正治療において、きれいに歯を並べるためには小臼歯(前から4番目と5番目の歯)を抜かなくてはなりませんでした。
しかし、小臼歯を抜いて矯正治療を行うと、咬み合わせがうまくいかなかったり、顎関節症になったりする患者様も多く見受けられます。見た目が改善しても、咬み合わせがうまくいかなければ元も子もありません。
当院では、小臼歯の抜歯を原則行わずにゴムメタルワイヤーという最新のワイヤーを使用して矯正治療を行っております。

ゴムメタル 歯列矯正用ワイヤー
矯正歯科治療用ゴムメタル

「ゴムメタル」はその名の通りゴムのような性質を示す新チタン合金のことです。曲げることは出来るが、形状記憶の性質を持つ、矯正治療をする上においては良いとこ取りな性質を持っています。

「他院で小臼歯を抜歯しなければいけないと言われたが抜きたくない」とお考えの方、ぜひたに歯科クリニックにご相談ください。

>>矯正歯科の治療症例集

MFT(筋機能療法)

また、当院では、矯正治療期間の短縮と、治療後の後戻り(元の歯並びに戻ろうとすること)を防ぐため、MFT(筋機能療法)も同時に行っております。MFTとは、舌や口唇および顔の筋肉など、口のまわりの筋肉を強くして、バランスを良くし、正しく機能させるためのトレーニングで、これらの筋のバランスが咬み合わせと大きく関わっています。

  • MFT施術前
    前歯が咬み合っていない患者様で、矯正治療までは希望されませんでしたので、MFTのみ行っていただきました。
  • 約1年後
    矯正治療を一切行っていないのにも関わらず、少しではありますが前歯が咬み合ってきています。MFTを行ったことによって、口のまわりの筋のバランスが整ってきたことが改善に繋がっています。
ページ上部へページ上部へ
0878995891インターネット歯科予約